じじぃのエステ日記

メンズエステがすきなじじい。1〜10で評価。「飛び込みではいったセラピストが良い」お店は本物。 取材依頼とかは大嫌いです。自腹でいくので自信があるなら依頼なさい。

2017年11月

1

セラピスト: S

容姿: 1
アバーに似ている。店内がかなり暗く、よくみるまで顔の全容が見えないが笑った顔も不気味で誰がどう見てもブスである。

スタイル: 3
足も太く、特別胸があるわけでもない。ても〇んとかで来るぶんにはしっかことではないがメンズエステセラピストとしてはダメでしょ。これは。

会話: 2
とくに弾むこともなく、聞いて来るこもなく、黙って黙々と。多分自身のお客様からの評価が悪いのや反応が悪いのをしってるのでしょう。諦めが入ったタイプのセラピストだわこれ。

衣装: 3
透け感も胸元強調もないいたって普通の衣装エロを売れるレベルのセラピストが少なそうなのであえて普通のマッサージ屋たんみたいな衣装なんかな?

指圧: 5
素人に毛が生えたレベル。メンズエステセラピストで指圧が下手でも許されるのはルックスや若さ、鼠蹊部でのカバーがあるから。このセラピストは下手じゃだめでしょ。むしろプロ級であってくれ。

オイルマッサージ: 5
こちらもとくには…。講習は一通りうけましたーでも言わんばかりのTHE・ノーマル施術。なんなら力加減でもーちょい頼みますよって感じ。

鼠蹊部: 7
ガッツリやります。しっかりね。ここだけはやっとかないと店が潰れるでしょう。結構しっかり上下に腕を使って動かします。

密着: 2
なし。なんかくっつくような素ぶりはあったが気のせいでしょう。わかんないから一応2点。期待したらだめね。

コメント: アバー似の年そこそこいってるお姉さん。だれが見ても満場一致でブスである。

店内がかなり暗くよく見ないとお姉さんの顔が見えないのでハズレと気付くまでにタイムラグがある。

まったくもって勧めれる点がないので、どこも行けなかったら行くみたいな店である。

初回の利用で可愛い子つけますので!はこうなった。お店としての信頼なんて項目はないがあれば余裕の0点。

マッサージを「してくれた」ことに点数をあげています。

総合2点

前編で述べた4つを参考に最低でも2つ当てはまっていれば勝負は仕掛けるべき

じじぃクラスにもなると1つあるいは該当なしの勝算0セラピストにさえ挑むことがある

この辺の攻略法は番外編とでも名付けていつか公開していこうと思う。

さて、

項目を抑えたところでまずはセラピストから受けるうつ伏せ施術に関してである。

どこのメンズエステでもほぼ100%うつ伏せからはいる。

これは流す。
というか背面マッサージやカエル足、鼠蹊部に四つん這いといったものはしっかり堪能してよし。

ただし1点
会話にだけは注意すること

以下背面マッサージを受けてるときに会話で注意すること

・男らしい物静かなトーンで
物静かな大人の男性は女性受け抜群です。しゃべらないではない。あくまでゆっくりと低くく落ち着いたトーンで。

・嘘でもいい。やや金持ちであることをさらりと会話に折り込む
具体的な話は一切しなくていいのでキーワードで攻めましょう。
「僕の会社が」「前に僕の別荘で」「家のお手伝いさんが」なんでもいい。

・セラピストの個人情報は聞かない。ただし恋愛観は深く聞く。大概メンズエステのセラピストで恋愛うまくいってる子なんていないのでそこを掘りさげる。
大概のセラピストはモテませんよーとか思ってもないお決まりなセリフをいうのでそこはあえて乗っかって
「え?意外だね。こんなに素敵な女性なのに」でok。
ただし、
「おれなら君を傷つけたりしないのに」とか自分なら発言はNG。男が最初だけ調子いいのは女の子はよく知っている。またメンズエステのセラピストはそんな男としか付き合ってきてないのでこの発言はタブーである。逆に軽く見られる。

次に表を向いたとき

ここから実際に行動に入って行く

・まずセラピストの目を見る。余計な発言をせずただただ目を見る。
比較的容姿に自信があれば1発微笑みなんかいれるといいだろう。小デブや容姿に自信がなければだまってセラピストの目をみてなさい。

・お尻を一度でもこちらに向けてきたら触りなさい。
ただし揉むのではない。セラピストの足から徐々にお尻に【フェザータッチ】をこちらからかましていく。
お尻を徹底して嫌がられたらしょうがないが、大体ははじめ
「ちょっとくすぐったいとですよー♡」とかいってくるので

ここポイント→真顔で「ん?あぁ、すごい綺麗な肌してるなと思って」とあえて尻や足というワードを使わず肌をフューチャーすること。

そして触り続ける。大丈夫です。どうせ長い人生で二度と会わないまたはほんの短い期間しか接しない人間なんです。なんでもできます。

・最後に施術の終わり側には必ず添い寝を要求
添い寝施術をしてくれるセラピストであれば胸をさわるのではなく鎖骨から胸の付け根までフェザータッチをしていく。このときしっかり伏線をはってるので必ず言うこと
「やっぱり肌が綺麗だ」
そしてしっかり目をみる。手では首元をフェザー、目はしっかり見てる。

多分この辺でチューできるぜ。まじ。
じじぃはここでするぜ。

本〇成功率の上がるチューの仕方ってのもあるのだけどそれはまた番外編リターンズとかで書くわ。

チューまでできたら先ほどまでのフェザータッチをやめガッ!!と胸もんでok。

チューはお互いの理性を飛ばすスイッチみたいなもんだからね。

あとはなるようになるさ。

メンズエステで諦めを感じ、迷いという暗くて大きな雲の中で光明を探しつづけた子羊たちよ。参考になれば嬉しい。

そしてこれを見てるセラピストさんたち。

次はあなたの番かもしれない。

じじぃは正直です。

タイトル通りメンズエステでヤってしまったことがあります。

ちなみに。あくまで「ヤれてしまった」ではなく「ヤってしまった」
つまりじじぃ主体でことに及んだということ。

結局メンズエステって駆け引きを楽しみに来てるわけですよね。お客さんは。

癒しだのなんだのオブラートに包んではいるがつまりどんだけのとこまでできたか。

男同士でメンズエステを勧めあったり自慢したりするときに

あの店の〇〇とヤレたよ!笑

ということはあっても

あの店の〇〇に癒されたよ!

なんて言う面白メルヘンボーイはいないのが証拠。

さて、

そんな「ヤレる」セラピストを見分ける方法

これに関してはホームページの段階ではまずわからないので実際に接客に入る時に見るポイントと誘発する手法を書き出す

・礼儀正しくいい客で
・なんども通って仲良くなって
・お金を払って

こんなクソみたいなどこにでもあるメンズエステ嬢が発する客をいなすためだけにある手法や文言ではなく具体的なやつ

じじぃは述べてゆく

---目をつけるポイント---

①はじめの挨拶で丁寧っぽいがどこか雑なセラピスト
・ヤれます。礼儀正しいが頭を下げないとか。作業しながら会話しちゃう。こんなうっかりセラピストは狙い目。

②会話がそこまでキャピキャピしていない、むしろ少なめなセラピスト
・ヤれます。会話がないのは後にエネルギーを放出するために温存しているのです。

③胸がEカップ以上あるセラピスト
・ヤれます。ヤれてしかも胸も大きいなんて願ったりかなったりですが「胸の大きさ=ガードの緩さ」はじじぃの統計で出ている。長年いやらしい目に晒され続けた女の子はいやらしくなってしまうものなのでしょうね。

ネイルがそんなにバッチリ決まっていないセラピスト。またはシンプルなネイルのセラピスト。
・これはヤれます。 とくに足の方のネイルなんか注目。剥がれてたりとかはもー120%です。

以上4点に目をつけたらばここからは「それ」を誘発するためにこちらからアクションを起こしていきましょう。

---誘発方法---

次回につづく🌚


3

セラピスト: M.T


容姿: 6

ブスではない。めっちゃ綺麗というわけでもない。宇多田ヒカル似のお姉さんセラピストで巨乳さん。


スタイル: 8

スタイルかなりよし。巨乳は豊胸だが見栄えはすばらしい。


会話: 1

一切なし。というか少しへん?笑

声が極端に小さくよくわからない。


衣装: 5

無難でした。


指圧: 4

下手ではないのだが本人の売りが多分過激系なのでそうそうに切り上げられた。


オイルマッサージ: 4

こちらも無難にこなすもののじじい的にはもう少しほしいなぁーといった印象

ここも力を入れてもらえたらいいセラピストになるのに。


鼠蹊部: 秘

ふふふって感じ。じじいも気分は悪くないで。


密着: 8

密着というかのしかかり笑

すんごいくっつくね笑

いいことではあるので良いと思うよ。


コメント: 無口な感じで施術過激なセラピスト。愛嬌や会話ではなく結果で語りたい方にはオススメ。6点

↑このページのトップヘ